痛みの観点から3種類の胸毛脱毛方法を比較してみます

安い,激安

現在エステサロンや美容外科などでおこなわれている胸毛脱毛は、主に3種類あります。

ニードル方式とレーザー方式とフラッシュ方式です。

それぞれに特徴が異なっており、メリットもあればデメリットもあります。

ここではそれらを痛みの観点から比較してみて、できるだけ痛い思いをせずに胸毛脱毛したいという人に最もおすすめのものをご紹介します。

まずニードル方式ですが、これは毛穴に針を入れて電気を通し、その熱で発毛組織を破壊するというものです。

ムダ毛の再生を確実にストップさせることができるという優れた方法ですが、施術には激痛が伴います。

針を入れる時はもちろん痛いですし、電気を通す時にも痛いのです。

そのため美容外科では施術前に麻酔をおこなうところが多いです。

麻酔をおこなえば激痛を感じることなく、施術を終えることができます。

ところが麻酔は医療行為であるため、エステサロンではおこなうことができません。

そのためエステサロンでニードル方式の胸毛脱毛を受ける時には、痛みに耐える覚悟が必要です。

次にレーザー方式ですが、これはレーザー光線の出力によりどのくらい痛むかが変わります。

高い出力でレーザー光線を照射すれば、どうしてもある程度は痛むのですが、発毛組織をしっかりと焼いて破壊することができます。

逆に弱い出力で照射した場合は、ほとんど痛まない分効果も低いです。

ただし効果が低くても、繰り返し施術することで徐々に効果が出てきて、最終的には強い出力で照射した場合と同じ効果を得ることができます。

最後にフラッシュ方式ですが、これは主にエステサロンで採用されている方法です。

マイルドな光で、肌にダメージを与えずにゆっくりと発毛組織を破壊していくことができます。

レーザー光線ほど強烈な光ではないため痛みは少なく、感じたとしてもチリチリとした熱さくらいです。

しかし完全にムダ毛を処理するまでには、何度も施術をする必要があり、一般的には半年から1年ほどの期間がかかります。

以上の3種類の胸毛脱毛方法を比較してみると、最も痛みを感じずに胸毛脱毛できるのは、美容外科での麻酔を使ったニードル方式であると言えます。

ただしニードル方式は料金が高めなので、できるだけ安い料金でムダ毛処理をしたい人には、フラッシュ方式がおすすめです。

しかし先述のようにフラッシュ方式は完了までに長期間を要します。

ある程度の痛みが伴っても、適度な料金と回数とでムダ毛処理をしたい場合には、レーザー方式がおすすめです。

>>胸毛 永久脱毛 安い店

NO1 ゴリラクリニック

NO2 メンズTBC

NO3 リンクス

ゴリラクリニック

有名なレーザー脱毛男病院

メンズTBC

永久脱毛針白髪OK

リンクス

胸毛脱毛サロン男子メンズ

一緒におすすめ

更新履歴